無職の人の婚活事情

無職女性の結婚までの道筋

婚活を始めようという人も多いですが、その中でついつい目がいってしまうのが相手の職業ではないでしょうか?できるなら収入が安定している男性と結婚したいと思うでしょう。しかし、このご時世では無職という人もいます。では、無職の人は婚活ってどんなふうにしているのでしょうか?

 

無職女性が婚活をするポイント

まずは、女性で無職の場合どんな婚活をしていけばいいのか考えてみましょう。プロフィールの職業欄に何て書けばいいの?と悩んでしまうこともありますよね。でも、実際には無職であっても婚活に成功している女性はたくさんいます。ということで、無職であっても積極的に婚活をしていいということになります。

 

ただ、ポイントを押さえておきましょう。

 

  • 結婚したら家庭に入って欲しいと思っている男性と出会うこと
  • 料理や洗濯など一通りの家事はしっかりこなせるようにすること
  • 家事の中で得意なことも見つけておく

 

この3つを意識してみましょう。

 

実際に結婚したら、男性の多くが女性には家にいてもらって家事をしっかりこなしてもらいたい、それが何よりも嬉しいといいます。ただ、人並みよりはそれ以上の方が評価も高くなりますよね。料理がとにかく上手でおいしい、洗濯やアイロンを完璧にしてくれるのでいつも気持ちよく生活できるといったようにあなたがいないと困るというレベルにまで到達すると、いくら無職であっても見事婚活を成功させることができるでしょう。

 

そして、できるだけ婚活の経験が少ない男性を狙うのも一つの手法です。初めて婚活・恋活|成婚、カップル、成功できるサービス特集を熟読して擦れていない男性がいる婚活サイト、恋活サイトに登録して活動をすると良いですよ。

 

無職男性は婚活が厳しい現実

女性であれば無職であっても婚活ができると説明してきましたが、男性が無職だとかなり風当たりはきつくなってきます。どうしても男性は外に働きに出る、女性は家で家事をこなすといった昔からの風潮が根付いてしまっているからでしょう。この不景気の中、無職だという男性も実際には多いです。

 

男性で無職だと結婚相談所に登録できないという事態にもなってしまいます。定職に就いている人が入会の条件と書かれていることもあり、そうなると無職の男性は諦めざるを得ませんね。また、参加できる婚活イベントがあっても、女性に養ってもらう気満々と思われてしまうと婚活もうまくいかなくなってしまいます。

 

社会の風潮も関係して、男性の場合は無職というだけで婚活が一気に難しくなってしまうんですね。

 

無職といっても男女という性別によって大きく変わってくるんですね。男性はできるなら仕事を見つけておくと婚活にも参加することができるでしょう。