仕事運を占いで見てもらった

まさかの結果に占いを信じた一日

元々占い、というものには興味がありませんでした。そんな私が何の気の迷いか、閉店した銀行の前にたたずんでいる手相占いのところで見てもらったのはもしかしたら運命だったのかもしれません。その頃、私は何をやっても仕事が上手くいかなくて、気落ちしていました。

 

手相を見てもらったところ、占い師の方に「あなたはいま何をやっても上手くいかず、八方ふさがりなのではないか」と見事に当てられてしまいました。余りにもどんぴしゃな結果になにも返せずにいると続けて「あなたはいま転機にある。一ヶ月くらいいまのような感じであがいていると急に転機が開ける」といわれました。

 

そんなものなのだろうかととりあえずは信用してみることにして、一ヶ月間頑張っていたところ、全く別の部署の部長から「君にはうちの部署に来てもらいたい」という内示が出されました。たまたまその頃一緒に動いていた他部署の人を経由して、私の働きがその部長に伝わったようなのです。何度かその部長と同行して仕事をしましたが、それも一緒に働いていた人の話を聞いて実際にどうなのかを見るためだったと異動後に告げられました。

 

正直、心が折れかけていたので、あの占いがなかったらたぶん会社自体止めていたかもしれません。占いを軽く見ていた私でしたが、いまは少し気にして結果を見るようにしています。

占いで未来予想をする

占いで未来を予想することがある程度は出来ますので参考にすることは良いでしょう。ですが全てを占いに頼ってはよくありません。迷っている時に参考にすることは進路を決定する決め手にはなるでしょう、特に明確な目標がない場合は占いで目標などを示された場合とても参考になり未来の目標にもなります。

 

人生には迷うことが多く出てきます、その時に占いで良い方向へ決めることができれば人生の岐路にも迷わず進めますしとても役立つものです。また占いでも細かい情報を求めるものや簡単なものなど多くありますがやはり細かい情報を求めるもののほうが信用性も高くそして明確な悩みも的確な助言をすることができるでしょう。

 

このように人が悩んでいくのを解決することができるのはやはり占いなどで解決できるものがあるのでさんこうにすることがよいでしょう、たくさん占いがあるので悪い結果が出るものよりもいい結果出るものが信じてみるのが良いかと思います。